聖山(せいざん)

創業から320年を超え、素材にこだわり、地元棚田の契約栽培米や天然伏流水を使った酒造りをしています。
また、2007年より醸造アルコールを添加しない「純米酒」化を行いました。
地元では。「姨捨正宗」の名前で有名ですが、県外消費者への発信を視野に入れる中で「聖山」と言う全くの別ブランドを立ち上げました。2022年より「聖山」ブランドは、「棚田」シリーズとしてラベルデザインを含めフルモデルチェンジします。