澤の花(さわのはな)

日本酒本来の旨みを生かした「心地よさ」をテーマに、素晴らしい作品を生み出す新進気鋭の蔵元です。
若き後継者が造りの後を継ぎ、素晴らしい取り組みをしています。
その彼の持つテイスティング能力は、天性のもので、これからが更に期待される注目蔵です。
冬期~春に出荷される「ともぞう」は、全国数店舗のみ販売可能な「裏澤の花」。

関連記事

  1. 佐久乃花(さくのはな)

  2. 亀の海(かめのうみ)

  3. 明鏡止水(めいきょうしすい)