本金(ほんきん)

九代目蔵元の宮坂恒太朗氏は言います。
私が思い描く本金の味のコンセプトは「すっと飲みやすい」「程よく味と香りが膨らむ」「主張しすぎない」という3つが挙げられます。 特に3つ目の「主張はしない」についてですが、本金の日本酒はあくまで食事や人と人のコミュニケーションのための酒であるべきだと思って作っています。そのために、ある意味お酒としてはより地味であることを目指しています。
「何ともない酒=空気の様に自然な酒」の意味を掴んだ作品に出会えます。

関連記事

  1. 翠露(すいろ)

  2. 御湖鶴(みこつる)

  3. YOKOBUE(よこぶえ)