十六代九郎右衛門(くろうえもん)

現在の蔵元 湯川尚子さんは、16代目になり杜氏をされていました。
木曽の良質な水と信州の米を使い、地酒ならではの深いコクと味わい豊かな酒造りをしています。
2011年5月、仙醸蔵で杜氏をされていた丸山慎一さんが、婿養子として蔵に入りました。
勢い・実力・人気がうなぎ上りの銘柄で、フルーティーにジューシーさが加わった作品に出会えます。
低アルコール原酒ほか挑戦的な作品も数多いのも特徴のひとつ。

会員ログイン

公式ブログ